隠しカメラが店員を押さえる

あるテレビで、海外の隠しカメラの画像を紹介していました。

ショップ店主は、隠しカメラを店内にセットして、
隠しカメラの映像で、犯行現場の証拠を押さえようとしているのです。


でも、店内の防犯なら、隠しカメラでなくても、大丈夫なのでは?
そう思ってしまいますが、隠しカメラでないとダメな理由が分かりました。

店内に設置した、隠しカメラで撮影したい画像は、お客ではなく、
レジを預かる店員だったのです。

隠しカメラに写しだされていた映像は、まさに店主の狙い通りでした。

なんと、レジから売り上げをくすねる店員の姿が映像として押さえれたのです。

まさか、店員も隠しカメラが、自分を撮影しているとは、
思いもしなかったでしょうね。

隠しカメラの映像が、ショップ店主の経営を助けた出来事として、
紹介されていました。

経営者にとっては隠しカメラに頼らずとも、信頼できるスタッフと仕事が
したいものですが、意外と人の目のないところでは、何が起こっているのか
わかりませんね。

決定的証拠となる画像を、押さえる隠しカメラの活躍は他にもあります。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集